相棒19 第10話 「超・新生」

スポンサーリンク

放送日:2020年12月16日

第10話「超・新生」2020年12月16日(水)|ストーリー|相棒 season19|テレビ朝日
『相棒 season19』ストーリー。2020年12月16日(水)よる9:00~9:54放送、第10話「超・新生」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

内村刑事部長が暴力団のシノギに肩入れ!?
贋作詐欺と画商自殺の背景に驚きの裏が!

贋作を売り歩いていた画商が自首してきたものの、買い手は自身の目利き力が傷つくのを嫌い、いずれも「騙されたわけではない」と主張。“被害者が存在しない”という不可解な状況が発生する。経済事件を担当する二課でも詐欺罪に問えず、自首してきた画商をそのまま帰すことに。ところがその直後、問題の画商が自殺してしまう。亘(反町隆史)は、動機を「良心の呵責」と主張するが、右京(水谷豊)は事の経緯から、画商が警察に逮捕されることで“緊急避難”しようとしたのではないかと推理し、独自の捜査を始める。すると、贋作の製造、販売を、広域指定暴力団『扶桑武蔵桜』が取り仕切っていると判明。それを知った刑事部長の内村(片桐竜次)は、昵懇の関係にある組長の桑田圓丈(大石吾朗)と密談を交わす。いっぽう、扶桑武蔵桜の組員が、半グレ集団に暴行を受ける事件が発生。両者の衝突は、やがて大規模な抗争へと発展して…!?

贋作に手を染めた画商はなぜ遺書も残さず自殺したのか
裏で糸を引くヤクザと暴走する半グレ集団の関係は…!?
特命係の捜査が予想を超える緊急事態の呼び水となる!

ゲスト:大石吾朗 三国一夫

ネタバレあり

  • 贋作を売り歩いていた埜原という画商が自首してきたものの、買い手は自身の目利き力が傷つくのを嫌い、いずれも「だまされたわけではない」と主張して「被害者がいない」という状況になり、逮捕されず。その直後、埜原は自殺。
  • 右京は「自首の動機は緊急避難、だが失敗して行き場を失い自ら死を選んだ」と考え、捜査に着手。
  • 埜原に絵を売っていた中岡丑夫に話を聞くと、「本物とだまして売っていたとは知らなかった」と言うが、落ち着いた様子から贋作の新たな卸先があるのではないかと推理。尾行してある画廊に入ったのを見届け、冠城は「坊ちゃま」、右京は「じい」として絵を買いに来た客を装い、オーナーの四条真奈美から「本物」として中岡が描いた絵を紹介され、詐欺をしていると確認。
  • 特命係で青木から四条真奈美の経歴を聞き、埜原の弟子という話をしているところに角田が来て「四条真奈美はヤクザの情婦」と情報提供。
  • 扶桑武蔵桜(組長は内村と昔なじみ)に行き、虎鉄(四条真奈美の男)に話を聞くが、内村に呼び出されて怒鳴られる。
  • 扶桑武蔵桜の虎太郎が大けがをしていたので角田に調べさせると、「1週間前に若いやつら(おそらく半グレ)にボコボコにされたが捜査もしていない」、また「扶桑武蔵桜は須鷹町に贋作工房を持っている」と判明。
  • 内村は出雲に「特命係にくらいつけ」と命令。右京と冠城が贋作工房に行こうとしたところに出雲も来て、一緒に行くことに。贋作工房の近くに着くと伊丹、芹沢、さらには内村も来ており止めようとするが、工房に半グレ集団が突入したため右京らも入る。乱闘を止めようとするが内村が頭を殴られる。病院に搬送されるが意識不明の重体。
  • 右京の推理や虎鉄と逮捕された蜂須賀(幻影城のメンバー)の話をまとめると、「虎太郎を襲撃したのは幻影城という半グレグループ、虎太郎襲撃の報復で病院送りにされた者がいてその報復で工房が襲撃された、この報復合戦の発端は埜原、埜原は子飼いの作家から贋作絵画を仕入れてそれを本物と偽って売る詐欺をしておりトラブルになった場合には扶桑武蔵桜の名前を出して黙らせていた、埜原は幻影城にゆかりの人物に贋作を売ってそこでも扶桑武蔵桜の名前を出したが蜂須賀は『ヤクザが絡んでいるってことは悪くない商売だろう』と利益を横取りしようとして抗争が勃発した、埜原は組に助けを求めたが『目利きをしくじったおまえの責任』と冷たくあしらわれた、埜原は半グレにはつけ込まれてヤクザには冷たくあしらわれて警察には門前払いされて死を選んだのだろう」ということに。
  • 内村は一度心停止するがその後息を吹き返す。容態も落ち着いた頃、「中園くん、反社をのさばらせてどうするんだ」と扶桑武蔵桜も検挙するよう指示。虎太郎、四条真奈美、鬼丸らが連行される。
  • 内村について右京は「いわゆる臨死体験がその人物をまるで別人格にしてしまうことがまれにある、部長がそのケースと断言はできないが」とコメント。
  • 内村が特命係に来て「俺はこれまで出世のために正義を犠牲にしてきた、それについては忸怩たるものがある、これからはないがしろにしてきた正義を取り戻そうと思う、そのためにはおまえたち2人の協力が不可欠」と言って2人と固く握手をする。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • ラジオでは「本日 午後5時半ごろ」と「人身事故」のあった時刻を伝えているけど、見たところ夕暮れ。その翌日、虎太郎が襲われたのは12月10日で、もうすぐ冬至という時期なのに。16時半ぐらいに特命係の部屋でも夕焼けという感じだったけど。
  • 扶桑武蔵桜、引っ越した? 窓の外の景色が違うように見えたけど、模様替えしただけ?
  • 鬼丸らを出雲が呼んだにしても、来るの早すぎじゃない? 事務所のすぐそばなの? そもそもどうして連絡取れるの? 出雲は鬼丸か誰かの連絡先を知っていたの?
  • 埜原は死ぬほどだったのか?という疑問が残るけど。死ぬくらいなら何もかも捨てて逃げればよかったのに、と思うけど、家族でもいたらそういうわけにもいかない可能性もあるか。どういう設定だったかわからないけど。でも、逮捕を望むのであれば銀行強盗でもすればよかったのに。
  • 予告からして「内村が死ぬかも」というのがあったものの、中園の「確かに死んだ」で「生きてるのかよ!」となり。生まれ変わったようになったのでタイトルが「超・新生」と。でも、内村は「出世のため」と言っていたけど、ヤクザと仲良くしてたのはそういうのじゃなかったように見えるけどな……「正義」よりも「上からの命令」や「不祥事の隠蔽」などが優先だったのは出世もしくは保身のためなのかもしれないけど。そもそも20年もずっと刑事部長で、出世はそこで止まってるじゃん。20年間、何してたのさ。それにしても、右京と内村が握手か……。
  • 傷害容疑の虎太郎はともかく、詐欺容疑と思われる四条真奈美にどうして捜査一課が動いたの? そもそも虎太郎の傷害容疑は「虎太郎襲撃に対する報復」の件と思われるけど、どうして虎太郎がその容疑者になるの? あれだけのけがをしていて、闇討ちをすれば虎太郎1人でも可能だろうけど普通に考えれば複数でやっているだろうし、闇討ちだったとしたらやられた方は虎太郎にやられたと認識できないだろうし。なぜ虎太郎がメインになるのかわからない。
  • 次回は元日スペシャル。朝から岸谷五朗さんの記事がいっぱい出ていましたが、そういうのは年内最後の放送が終わってからにできなかったものかな、と思います。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨(家庭料理こてまり 女将)
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
篠原ゆき子:出雲麗音(捜査一課)
田中隆三:益子桑栄
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
大石吾朗:桑田圓丈(扶桑武蔵桜 組長)
三国一夫:鬼丸(扶桑武蔵桜 若頭)
鳥谷宏之:虎鉄(扶桑武蔵桜)
田中俊介:虎太郎(扶桑武蔵桜)
野口かおる:四条真奈美(画廊のオーナー、埜原義恭の弟子、虎鉄の情婦)
原勇弥:中岡丑夫(埜原に贋作を売っていた作家)
蒲田哲:埜原義恭(黎明画廊オーナー、贋作を売っていたが自殺)
渡辺碧斗:蜂須賀史郎(幻影城)
井川哲也:塚本(捜査二課刑事)
中野順一朗:虎太郎の病室にいた捜査員
根本明宏:埜原から贋作を買った客
古賀理紗子:埜原から贋作を買った客
赤也平:埜原から贋作を買った客
宇都宮勇人:
星川祐樹:
竹林文雄
瀬藤美彩希:看護師
竹林林重郎:
上田耀介:内村を殴った男(幻影城)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン19)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン19出演分です。 第1話、第2話 「プレゼンス」 野貴葵・モンスター強盗の被害者(相棒1 第8話)・今井(相棒5 第16話)・松下綾香(相棒7 第12話)・?(相棒1...
スポンサーリンク

ロケ地情報

新宿 長春館:右京と冠城が虎鉄と行った焼き肉屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました