相棒19 第5話 「天上の棲家」

スポンサーリンク

放送日:2020年11月11日

第5話「天上の棲家」2020年11月11日(水)|ストーリー|相棒 season19|テレビ朝日
『相棒 season19』ストーリー。2020年11月11日(水)よる9:00~9:54放送、第5話「天上の棲家」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

収賄疑惑の国会議員を脅かす告発者の影
鍵は右京と因縁を持つ政治家一族の“女帝”!?

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、収賄疑惑が持たれた衆議院議員の白河達也(湯江タケユキ)が、自宅にゴミをまかれた“嫌がらせ”の捜査を押しつけられる。白河家は、大臣を輩出した政治家一族で、長年実権を握っているのは、達也の義理の母・貴代(冨士眞奈美)だった。貴代には、24年前、夫が収賄疑惑のさなかに自ら命を絶った過去があり、当時二課だった右京が、捜査を担当していたという因縁が。そんな中、達也の息子が誘拐されかける事件が発生。“告発者X”を名乗る人物から、達也宛に『会見を開き、罪を告白しなければ、家族を殺す』という脅迫文がもたらされた。Xとは、収賄疑惑を報じた日刊誌の情報源で、取材したのは、特命係と繋がりのある元検事の黒崎(内田裕也)だった。黒崎いわく、達也は白河家の婿という窮屈な立場を飛び出し、対立派閥に入るため、金が必要だったのではないかという。その後、Xの要求通り、会見を開いた達也だったが、衆人環視の中で予想外の発言を始める。

収賄疑惑で追い詰められた国会議員がまさかの反撃
背景には二課時代に右京が捜査した事件の呪縛が!?
24年の時を経て驚きの真実が解き明かされる!

ゲスト:冨士眞奈美 湯江タケユキ 内田裕也

ネタバレあり

  • 右京と冠城は、収賄疑惑が持たれた衆議院議員の白河達也の自宅にゴミをまかれた「嫌がらせ」の捜査を押しつけられる。白河家に行くと達也の義理の母・貴代がいたが、貴代は24年前に夫が収賄疑惑のさなかに自ら命を絶った過去があり、当時二課だった右京が捜査を担当していたという因縁が。
  • 達也の息子・大樹が誘拐されかける事件が発生。そして「告発者X」を名乗る人物から達也宛てに『会見を開き罪を告白しなければ、家族を殺す』という脅迫状が(告発者Xは、収賄疑惑を報じた日刊トップの情報源で、取材したのは元検事の黒崎)。
  • 右京に黒崎から電話があって会い、「達也は白河家の婿という窮屈な立場を飛び出し、対立派閥に入るため、金が必要だったのではないか」という話を聞く。
  • 達也は会見を開くが、収賄疑惑を否定し、妻子が襲われて脅迫状が届いたことを公表。
  • 「日刊トップオンライン」に達也が秘書に口利きを強要している映像がアップされ、右京と冠城は告発者Xが秘書の木田と気付く(執務室にカメラがあったため)。
  • 翌朝、右京と冠城は「達也と木田に連絡が取れない」と白河家に行き、大樹が達也を見たと言うので家を見て回ると、書斎(先代が自殺した部屋)で達也の遺体を発見。遺書も見つかるが、右京は「賄賂を要求しておきながら会見では潔白を主張した人物が書いたものとは思えない」と考える。
  • 木田が出頭。取り調べで「先代からの秘書で先代を尊敬していた、だから達也が許せなかった、告発すれば罪を認めると思ったが認めなかったためもっと追い詰めようとして脅迫もした」と告発や脅迫は認めるが達也殺害は否認。
  • 達也の飲んだ毒物の成分が先代の自殺の時のものと一致したと連絡が入る。
  • 右京は貴代に「今回の一連の騒動はこの家の呪縛が生み出したもの、達也の死の原因となったのは彼の2つの行動だが1つは帝光地所に口利きを持ち掛けたこと、言うなれば白河家への反逆、そのため政治生命を絶とうとした、もう1つは会見で身の潔白を主張するという思いもよらない反撃をしてきたこと、これで達也を殺す以外白河家を守る道はないと考えた」と推理をぶつけ、「達也が飲んだのは先代が飲んだのと同じトリカブト、2代にわたり白河家の名に泥を塗った婿たちに毒を盛ることができたのはあなたしかいない」と突き付けると、貴代は「白河家は日本の行く末を担うという崇高な使命がある、欲にかられて白河家に泥を塗るような男を婿に取ったのは私だから責任を持って後始末をしなければいけない、崇高な使命を持つ政治家一族として生きるためには当然の犠牲、これが私の宿命」と認め、「私たちがいるのは天上、残念ながらあなた方とは見えている景色が違う」と言う。しかし右京は「それこそ呪縛、たとえあなたにとって政治家一族であろうとすることがどんなに大事でも人の命より価値のあることはない」と怒る。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 日刊トップの記事、中見出しの右と左に同じ文章が。アップで映すならもう少し作りこめばいいのに。さらに、「代々続く政治一家の元に生まれ、誠実さと見た目の爽やかさで清廉潔白なイメージを売りに国民からの信頼も厚かった白河達也議員」とあるけど、白河達也は婿養子なんでしょ? 元の家も「代々続く政治一家」だったの? それなのに婿養子に行ったの? 兄弟がいて地盤は引き継げないとかで? だとして、達也が死んでも「代々続く政治一家」の陰は感じられなかったけど。
  • 「杉下右京が24年前に捜査二課にいた」ですか……。結局いつ右京は特命係に移った(特命係ができた)というのが正しい歴史なの?
  • 家政婦が貴代のことを「大奥様」と呼ぶのに瑞江のことを「お嬢様」と呼ぶのはおかしくない? 貴代が「大奥様」であれば瑞江は「奥様」じゃないの?
  • 大樹は母親のことはママと呼んで、父親のことは父様と呼ぶの?
  • 瑞江の回想シーンと木田の回想シーンで、犯人と瑞江の位置関係が違う。瑞江の回想シーンでは犯人の左側から瑞江は近づくのに、木田の回想シーンでは犯人の右側から瑞江が近づいている。また、木田は襲った場所からそう遠くない所で着ていたアウターなどを捨てたようだけど、あれに木田の指紋が残ってそうなんだけど。今シリーズずっとだけど、雑すぎじゃない?
  • 「先代の時と毒物の成分が一致」って、24年たっても変わらないものなの?
  • BGMがまた懐かしい気が。でも、そのタイミングで入れるものだったっけ?
  • 相棒16 第8話 「ドグマ」で日下部事務次官の圧力を受けながら特命係に情報を流して高松に飛ばされた黒崎が辞めて東京に戻ってきたわけですが。今後日刊トップ(黒崎)が週刊フォトス(楓子)の代わりになったり……はないかな。毛色が違いすぎるというか。
  • ※追記

  • 日産のロゴがアップで映るのが気になるな、と思ったら、捜査一課が大勢でカップラーメン食べてるのもスポンサー絡みか。伊丹が食べてるのが「MARUCHAN QTTA コクしょうゆ味」で、芹沢用に置いてあるのが「MARUCHAN QTTA シーフード味」? まあ、スポンサーは大事ですよね。

    MARUCHAN QTTA コクしょうゆ味 78g ×12個

    MARUCHAN QTTA シーフード味 78g ×12個

  • 木田が出頭して、伊丹は取り調べで「ゆうべからどこにいた?」と聞くけど、出頭したのは遺体が見つかった日の次の日で、「ゆうべどこにいたか」を聞いてどうするの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
森口瑤子:小出茉梨(家庭料理こてまり 女将)
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
篠原ゆき子:出雲麗音(捜査一課)
田中隆三:益子桑栄
小野了:中園照生
冨士眞奈美:白河貴代(瑞江の母)
湯江タケユキ(湯江健幸):白河達也(衆議院議員、瑞江の夫)
池田香織:白河瑞江(貴代の娘)
伊藤正之:木田剛(白河達也の秘書)
内田裕也(中原裕也):黒崎健太(週刊トップ 記者)
おかやまはじめ:岡元(週刊トップ、黒崎の上司)
遠藤たつお:東郷(帝光地所常務、総理の大学時代からの友人)
弘中麻紀:白河家の家政婦
池田宜大:記者
助川嘉隆:小川(帝光地所社員)
鎌田規昭:
服部整治:記者
野口雄介:瑞江の治療をした医者
吉村龍希:白河大樹(達也と瑞江の子)
川村朋栄:
阿部真澄:リポーター
笠田康平
彩羽
滝沢俊男:

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン19)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン19出演分です。 第1話、第2話 「プレゼンス」 野貴葵・モンスター強盗の被害者(相棒1 第8話)・今井(相棒5 第16話)・松下綾香(相棒7 第12話)・?(相棒1...

コメント

タイトルとURLをコピーしました