神戸西警察署、警察署長と副署長が感染

スポンサーリンク

先日、幹部の感染が判明していた神戸西警察署ですが、署長と副署長の感染も判明しました。

404 Not Found | MBS News
指定されたURLは存在しませんでした。

 兵庫県警によると、神戸西署の副署長は当初、「集会はしていない」という趣旨の説明をしていたということですが、3月27日に署長や副署長ら7人で居酒屋で歓迎会を開いていたことが発覚。感染した5人のうち3人が同席していたということです。

自粛要請中に居酒屋で歓迎会、警察署長と副署長が感染…署員120人が自宅待機 : 社会 : ニュース
兵庫県警は13日、集団感染が起きている神戸西署(神戸市西区)で、いずれも50歳代男性の署長と副署長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署では7日に最初の感染者が判明しており、感染が確認されたのは計10人となった

 署長と副署長は不要不急の外出自粛要請中の3月27日に居酒屋で開かれた歓迎会に出席していたほか、既に感染が判明している同署の幹部らとほぼ毎日、業務連絡などで顔を合わせていたという。
 同署では約120人の署員を自宅待機にしており、加藤晃久・県警本部長は13日、記者会見し、「県警本部から約120人を派遣するなどして態勢を確保し、住民に安心していただけるよう努める」と述べた。

感染したのは仕方ないことですが、外出自粛要請中に歓迎会に出席し、さらには「副署長は当初、『集会はしていない』という趣旨の説明をしていた」というのがまたひどいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました