静岡県議が大量のマスクを高額販売

スポンサーリンク

静岡県議が大量のマスクを高額販売していた件で記者会見をしました。

静岡県議が大量のマスクを高額販売 売り上げ888万円 
静岡県議の諸田洋之氏(53)=無所属=が大量のマスクをインターネットオークションサイトで高額で販売していたことが分かった。諸田県議は9日に会見して「不快に思われ…

 静岡県議の諸田洋之氏(53)=無所属=が大量のマスクをインターネットオークションサイトで高額で販売していたことが分かった。諸田県議は9日に会見して「不快に思われた方に心からおわびいたします」と頭を下げて謝罪した。経営する会社の役員は辞任するが、議員辞職はしないという。
 諸田県議の説明によると、1月下旬からマスクを1セット2千枚で出品し、89回落札された。落札価格は1回あたり約3万円から約17万円で、売り上げは約888万円に上る。諸田県議によると、マスクは自身が経営している貿易会社の業務の関連で10年ほど前に仕入れた在庫品で、新型コロナウイルスの問題が起きて以降に購入したものではないという。

「売値の設定が困難だったので、ネットオークションで市場に価格を決めてもらおうと思った」というのは詭弁でしかないですね。
「商品のほとんどは価格設定を見直して卸業者に販売したが、10年前に仕入れた商品なので、箱つぶれなど単品で売れないものが1~2割残り、これらについて売却するにも売値の設定が困難で、自分で価格を決められず、ヤフーのネットオークションで1円から出品して市場に価格を決めてもらおうと思った」と言っていますが、卸業者に販売した値段を即決価格として設定して高値になることを防ぐことはできたはずで、それをしなかったのは「市場に価格を決めてもらう」というのを言い訳にして「売上を最大化したかった」というだけですね。
転売もそうですが、こういうのを買わないようにしないといけないと思いますが、そうにもいかない事情がある人もいるでしょうから……。そういう人たちの足元を見て高額で売ったということを自覚してほしいですね、この議員には。

コメント

タイトルとURLをコピーしました