相棒16 第10話 「サクラ」

放送日:2018年1月1日

第10話「サクラ」2018年1月1日(月)よる9:00~11:15放送|ストーリー|相棒 season16|テレビ朝日
『相棒 season16』ストーリー。2018年1月1日(月)よる9:00~11:15放送、第10話「サクラ」
スポンサーリンク

あらすじ

公式

聖夜に発生した発砲事件とサイバーテロ!!
事件に関わる高校生3人同時失踪の背後に権力者の影!?
停職危機の特命係が最高難度の事件に挑む!

クリスマスイベントの会場で発砲事件が発生。しかし、奇妙なことに加害者のみならず被害者も行方をくらましてしまう。残された銃弾から、制服警察官に支給されている拳銃、通称“サクラ”が使われたと判明した直後、交番で制服警察官が自殺し、銃が持ち去られているのが発見された。広報課長の美彌子(仲間由紀恵)は、混乱を避けるため発表を控えようとするが、『QTES689』というハンドルネームを持つ何者かが、緊急災害速報メールの発信元をハッキングしてサクラ盗難の証拠映像を拡散してしまう。独自の捜査を始めた右京(水谷豊)は、自殺した警察官が元所轄刑事で、3か月前に事故と処理された内閣人事局長の死を、一人で捜査していたという情報を掴む。どうやら、局長の死と今回の発砲事件に何らかの繋がりがありそうだが…!?

いっぽう、発砲事件で撃たれた後、姿をくらました被害者を捜索中の亘(反町隆史)は、不意に当人から接触を受ける。安田(梶原善)と名乗った男は、“ある話”を亘に持ち掛けてきて…!? そんな中、特命係は思わぬ情報源から、半年前に謎の失踪を遂げた上条喬樹(健太郎)をはじめとする3人の男子高校生が、一連の事件と関係している可能性に気づく。ところが、捜査本部は全く違う思惑に支配されていた。内閣情報調査室の審議官・有馬(鶴見辰吾)が、副総監の衣笠(大杉漣)を通じて、不穏な強硬手段を指示したのだ。いっぽう、死亡した局長と懇意にしていた官房副長官の折口(篠井英介)の周辺でも、一連の事件に繋がると見られる不吉な思惑がうごめいていた。

停職の危険を冒しながらも捜査を続ける右京と亘
銃撃犯とサイバーテロの実行犯は同一人物なのか!?
権力者、警察、失踪した高校生、そして特命係……
それぞれの思惑が交錯し、事態は国家を揺るがす驚愕の結末へと向かう!!

ネタバレあり

  • クリスマスイベントの会場で発砲事件が発生。右京と冠城は発砲音を聞き駆け付けるが、加害者も被害者も姿を消していた。
  • 残された銃弾から通称「サクラ」(制服警察官に支給されている拳銃)が使われたと判明(その後、交番で風間という制服警察官が自殺し、銃が持ち去られているのが発見される)し、美彌子は拳銃についての詳細は伏せることにして会見に臨んだが、会見中に緊急災害メールのシステムを使って「QTES689」というハンドルネームで風間の遺体発見時の動画が流される。
  • 右京は風間が元所轄刑事で、3カ月前に事故と処理された山脇(内閣人事局長)の死を一人で捜査しており、その事件の目撃者が証言を翻していたことを知る。
  • 冠城が被害者の足取りを追うため調べていると、安田(銃で撃たれた被害者)が現れて冠城を脅迫。
  • 冠城が警察庁に戻ると「被害者を見たことがある」と言う女性がおり、右京と一緒に話を聞くと、隣室の高校生が失踪する前日に話していた相手とのこと。それで調べると、椎名智弘、上条喬樹、富樫航太の3人が同じ日に失踪していること、3人はハッキングの大会で優勝したことがあることなどをつかみ、右京は体型から喬樹が銃を撃った男で、智弘と航太が動画を流したのではないかと推理。
  • 安田は特命係が喬樹らの情報までつかんだことを知り、有馬(内閣情報調査室の審議官)に報告。有馬は衣笠に喬樹の情報を流す。
  • 衣笠が捜査本部に乗り込み、サイバー課の谷崎が「喬樹は以前警察庁のサーバーに侵入したことがあり、右手の静脈から犯人と断定」と報告。衣笠は「抵抗した場合は発砲をためらうな」と指示。右京は衣笠に3人の少年が事件に巻き込まれている可能性を考慮すべきと進言したが「この大事件において重要な被疑者をつかんでおきながら意図的に本部に隠していた」ととがめられて右京と冠城は停職処分を言い渡される。
  • 山脇の事件の目撃者に話を聞く。一度は断られるが、「安田は刑事ではない」と告げて「山脇のかばんから封筒のようなものを持ち去った男がいた」という話を聞き、「山脇は脅迫されており遺書に書いて残して自殺したが、遺書を持ち去ったのだろう」と推理。
  • 特命係で荷物をまとめているとき、情報をもらしたのは冠城と指摘して情報共有。そこで広報課がもめていると聞き行ってみると、銃撃犯の情報の発表に関して話していた。美彌子に別室で脅されているのではないかと聞くと、「指示を実行すれば、娘の秘密は守られる」というメモを見せられるが、必ず事件を解決するからと約束し、美彌子は公安からの情報ではなく通常の範囲内の内容を発表する。
  • 喬樹の情報がネットに上がり、喬樹の母親に突撃した動画も上がっているのを見て喬樹は安田と取引して警察に行くことにする。
  • 航太は智弘の薬を買う途中で自宅に公衆電話から電話したが、盗聴逆探知され居場所を知られる。航太は隠れていた廃劇場に戻る途中で追われて何とか廃劇場まで着くも逃げようとして転落。喬樹はバイクで逃げる。智弘は捕まりそうになるが間一髪右京と冠城が助ける。
  • 右京が場所がわかったのは「QTES」をキーボードのかな入力にすると「たかいと」で、「689」が番地ではないかと推理して。智弘を幸子のところに連れて行き、話を聞く(警察庁のサーバーに侵入したことで安田に脅されて政治家や役人のパソコンをハッキングしていた、山脇や風間の死も自分のせい、「安田が裏切ったら有馬のしたことを暴露しろ」と喬樹は言っていた)。
  • 喬樹が有馬を狙うと推理して有馬に話をするが決裂し、有馬は「広瀬情報官宛に脅迫状が届いた」として警視庁に警護を要請。
  • 「美彌子がヤロポロクと交際していた」と新聞に記事が載り、美彌子に「上条喬樹の人物像を今日中に公表しろ」というメールが届くが、美彌子は登庁して「新聞は私も読みました。その上で何を信じるかは私の問題ではなく皆さんの問題でしょ。」と言った上で喬樹に関する公安からの情報を破棄するよう命じる。
  • 喬樹が有馬の前に現れ撃とうとするが右京が間に入って話をする。喬樹は「有馬が自分たちを脅して半年間も閉じ込めて政治家や役人のスキャンダルをハッキングさせていた」と告白。有馬は喬樹を挑発して撃たせようとするが冠城が喬樹に体当たりして止める。そこに折口が有馬に脅されていたと供述すると申し出て衣笠は有馬を連行する。喬樹も逮捕。
  • 折口、息子の薬物所持事件を権力でもみ消した件で辞任。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 中園は「全国の武器庫」を調べるように言ったけど、そんな権限あるの?
  • 中条がQTES689の動画を見てコートとパーカーを捨てたが、その時マスクはポケットに入れたように見える。しかし、「コートとマスクが発見された」と中園は言った。
  • 「写真から静脈パターンを動画または写真で照合できる」とはいっても、あまり画質の良くなさそうな印刷した写真から照合できるのか疑問。
  • 有馬「国家間の争いや不穏分子の活動において、ルールは存在しないのです。あえてあなたの妄想にお付き合いすれば、些末なルールにとらわれ、結果脅威を増大させることはむしろ大罪というべきではありませんか?」右京「絶大な権力を握る者が自らルールを破り、己に都合の良いルールを人々に強要しようとする方が大罪だと僕は思います」、ですか。
  • 冠城が喬樹を止めた後、折口は唐突に「杉下警部」と言ったけど、それまでに右京と接触あった?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
反町隆史:冠城亘
鈴木杏樹:月本幸子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
浅利陽介:青木年男
神保悟志:大河内春樹
田中隆三:益子桑栄
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
鶴見辰吾:有馬武人(内閣審議官)
健太郎:上条喬樹
小原唯和:椎名智弘
山下真人:富樫航太
草刈麻有:小島麗華(椎名のアパートの隣の部屋の住人)
林泰文:石川大輔(広報課、社の部下)
西辻こずえ:上条沙紀(上条喬樹の母親)
柴木丈瑠:谷崎莊司(警視庁サイバーセキュリティ対策本部特別捜査官)
稲健二:田中茂(山脇のかばんから何かを持ち去る男を見たが後に証言を翻した目撃者)
児島功一:綿貫肇(捜査一課)
出光秀一郎:堀部保(広報課、社の部下)
檜尾健太:秦野直之(公安安田と一緒に行動)
俵木藤汰:風間博(木場南交番)
宇納佑:山脇重弘(3カ月前に自殺)
岸田研二:堺(所轄の刑事)
宇井晴雄:郷田清彦(発砲事件のあったショッピングセンターのスタッフ)?
岸田真弥:南(警視庁サイバーセキュリティ対策本部、青木の上司)
河野達郎:新田(所轄の刑事)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
剛州:わらべ(チームTOMOの3人の写真の店)の店主?
蒲生純一:里中(高校教師)
東拓海:ポップコーン売りのアルバイト
関口あきら:御用納めの会場入り口で警備をしていた刑事(右京らを一旦止める)
石原良純:広瀬篤(内閣情報官)
島かおり:椎名春子(椎名智弘の祖母)
落合由佳:アナウンサー
西原誠吾:
ギラルド沙羅:社マリア
阿部友彦:御用納めの会場入り口で警備をしていた刑事
西健太:
坪田ヒロキ:記者(美彌子の記者会見に質問、緑色の腕章)
安奈ゆかり:社家の家政婦
柾賢志:御用納めの会場入り口で金属探知機で検査をしていた刑事?
栗原遊子:記者(美彌子の記者会見に質問、白い腕章)
わかばかなめ:発砲事件のあったショッピングセンターのスタッフ(冠城が聞き込みした女性)?
和田圭市:
濱仲太:
足達美咲:ショッピングモールで案内放送をしていた女性?
荒川浩平:御用納め会場のスタッフ?(照明の復旧に向かう)
白仁裕介:公安刑事?
世志男:御用納めの招待客(入場時に刑事と会話)
東遥貴:
松木研也
赤池高行:公安刑事
宮田博一:公安刑事、喬樹の夢の中で喬樹を右から確保
白井雅士:公安刑事、喬樹の夢の中で喬樹を左から確保
大岩主弥:公安刑事
平川勝:公安刑事
高澤礁太:公安刑事
すわいつ郎:喬樹がスーツを買った店の店員
森正博:
板垣克
篠井英介:折口洋介(内閣官房副長官)
梶原善:安田英治(内閣情報調査室、ケースオフィサー?)
湯澤元一:大元組(和太鼓)
小池晃大:大元組(和太鼓)
稲垣優:大元組(和太鼓)
豊間根晶:大元組(和太鼓)
佐々木彬:大元組(和太鼓)
渡辺香里:大元組(和太鼓)
島大稀:大元組(和太鼓)
工藤未来:大元組(和太鼓)
大杉漣:衣笠藤治(警視庁副総監)
仲間由紀恵:社美彌子
石坂浩二:甲斐峯秋

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン16)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン16出演分です。 第1話、第2話「検察捜査」 影山英俊・木村紳一郎(相棒1 第11話、第12話)・鈴木(審議官)(相棒7 第19話、相棒8 第19話)・益岡左千夫(検...

コメント

タイトルとURLをコピーしました