相棒12 第6話 「右京の腕時計」

放送日:2013年11月20日

相棒 season12
テレビ朝日「相棒 season12」番組サイト
スポンサーリンク

あらすじ

公式

 右京(水谷豊)の腕時計が狂ってしまったようだ。右京の時計は精密な機械式時計。享(成宮寛貴)の時計は電池式のクオーツで右京にクオーツを勧めるのだが…。
 右京は享とともにいつも診てもらっている公認高級時計師(CMW)の津田(篠田三郎)に修理を依頼する。
 その日の夜、時計輸入販売会社社長・藤井(井上純一)の遺体が、アパレルのヒットメーカー社長・関(辰巳蒼生)の別荘で発見された。死亡した藤井の会社は、津田の勤務先でもある。遺書も発見されたことから、経営難を苦にした自殺と思われるが…。
 関が藤井の会社を買収しようとしており、その対応で藤井が苦しめられていたことがわかった。藤井は関への抗議の自殺をしたのだろうか!?
 さらに調べを進めると、関は有名な時計師である津田に設計図を描かせ、安い時計をファッションアイテムとして大量生産して売り出そうとしていたらしいのだが…。
 藤井の謎の死は自殺か、他殺か? 右京と享が巧みなトリックを明らかにしたとき、一人の男の悲しい半生が明らかに…!?

ゲスト:篠田三郎、井上純一、辰巳蒼生

ネタバレあり

  • 右京の腕時計が狂い、カイトと一緒に公認高級時計師(CMW)の津田に修理を依頼しに行く。
  • その日の夜、時計輸入販売会社社長・藤井の遺体がアパレルのヒットメーカー社長・関の別荘で発見される(死亡した藤井の会社は津田の勤務先)。
  • 右京とカイトが鑑識に行き、藤井の遺留品の腕時計に目を留め、米沢に事件の話を聞く(関が別荘に着いたところ異臭に気付いて藤井が死んでいるのを発見、遺書もあり藤井は経営難を苦に自殺したと思われる)。
  • 秋田(藤井の部下)に会い、経営難より関に買収されそうになっている方が問題だったのではないか(関は有名な時計師である津田に設計図を描かせ、安い時計をファッションアイテムとして大量生産して売り出そうとしていた)という話を聞く。
  • 別荘の部屋を調べ、右京はエアコンが暖房なのに上向きになっていることに違和感を覚え、蛍光灯のカバーの上に丸めた紙を置いてエアコンを入れるとテーブルの上に落ちることを確認。オブラートに包んだものが花瓶の液体と反応して硫化水素が発生していたこと、エアコンが16時について16時10分に消えるようにタイマーがセットされていたことから殺人を疑う。
  • 伊丹らが関に話を聞いているところに右京とカイトも合流。関は藤井の会社というより津田の名前が欲しかった、また、もともと16時に別荘でネット会議をする予定だったが、別荘に向かう途中で津田から「話を聞きたい」と電話があって着くのが遅れたとのこと。右京は「関の提案は機械式時計の品質を落とそうとするものなのに津田が乗るとは思えない」と疑問を口にする。
  • 津田に話を聞くと、「話を聞いただけ、案の定品質の低いもので協力なんてできない」と答える。
  • 津田に時計の修理を持ってきた葛西に話を聞くと、「津田は強盗が入って奥さんを亡くして時計に関わるのをやめようとしていたところを藤井が通って説得した、津田も藤井は命の恩人と言っていた」とのこと。
  • 右京は藤井が手帳に「関が別荘にいる時間」を書いていたことから、藤井が関を殺そうとしていたのではないかと推理。
  • 藤井の家の近くで聞き込みをすると、前日の夜に車で出て行ったのを確認。また別荘に行き「前日に仕掛けをしたとして、なぜまた戻ってきたのか」と考えていると、右京は藤井の指紋に着目し、何か捜していたのではないかと気付く。つまり、「藤井は前日この部屋で何かを落とし、当日それに気付いて捜しに来た」と推理。しかしなぜそれで自分の仕掛けで死ぬことになったのか悩んでいると、カイトが「自分の時計が遅れていた?」とつぶやき、右京は藤井の時計を確認しに行く。
  • 津田のところに行って話をする。藤井は時限式の仕掛けを使って関を殺そうとしていた、仕掛けを考えた協力者は津田だろう、事件前日藤井は会社でアリバイを作り津田が別荘に行って仕掛けを作った、事件当日藤井が別荘に行くよう津田が仕向けた、津田が関に電話したのは到着を遅らせて巻き込まないようにするため、藤井が捜し物をしている時に仕掛けが作動して硫化水素が発生、藤井の時計は津田が直していたが3時間で20分遅れるようになっていた、藤井はその時計を見て15時半過ぎに書斎に忍び込んだはずだが本当の時間は16時直前だった、と推理を交えて説明すると、津田は「殺す理由は?」と質問。右京は津田が直していた時計の日付が津田の妻が死んだ日と指摘、事件の日に壊れた物をなぜ今直そうとしたのか、あなたが藤井を殺したのは奥さんの事件と関係があるんじゃないかと聞く。津田は「この(直している)時計は妻のために作った物、妻の後を追うつもりだった自分を藤井が立ち直らせてくれて感謝していて今回も協力した、別荘から戻って藤井の車を車庫に返した時壊れた時計の部品(津田が作った物)を見つけて藤井が殺したのかもしれないと気付く、津田は藤井に壊れた時計のオルゴールが何の曲だったか聞いて藤井が当てた(普段は鐘が鳴るだけだが結婚記念日だけオルゴールが流れるようになっていてそれは事件の日だった)ため藤井が殺したと確信、藤井に車の鍵(キーホルダーは津田が壊した)を返し『別荘の書斎で落とした時に壊れたのかも』と言い、別荘に取りに行くよう言われたが客(右京)が来る予定で今さら断ると怪しまれると藤井に行かせた」と自白。津田は右京に腕時計を渡す。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 事件においては、一方の意見を鵜呑みにせず、いろんな方向から考えるのに、どうして腕時計のみの時間で他の時計の時間を直すのか? 直す前に、組体五課の時計なり、携帯、テレビの表示などで確認しなかったのか? そもそも、家では時計を見なかったのか? 車に時計は付いてないのか? 車内でラジオを聞かないのか? 腕時計以外の時計、時間を認識することなく特命の部屋に着いたのか、はなはだ疑問。とにかく、杉下右京らしからぬ、としか言えない。
  • これまで、「登庁時間は8時半」なんて出てきたことあったか?と思って意識して見てたら、特に以前のもので登庁時間に触れてるものは見当たらず、8時半以降に来てても何も言わないどころか右京自身が8時半に間に合ってないこともあり。
  • 「この10年、ずれたことはないんですがねぇ」って、ねじ(ぜんまい)を巻かなければ止まるわけで、自動式だったとしてもそこまで過信できるものなの?
  • チケットをあげるのはいいけど、あげるならもっと早くあげないか? 当日渡されても、予定入ってるかもしれないだろ? 予定を立てにくい職業かもしれないけど。
  • 社長が死んだ藤東物産はともかく、関の会社も土曜日に社員が出勤してるものなの?
  • 「証拠となる物」を回収するために別荘に行ったのに、手袋もしないであちこち指紋残すの?
  • 捜査資料にある藤井の指紋と、回想シーン(というか想像シーンか)の手の付き方は一致しない。
  • 「オブラートで包んだ粉」が液体の中に落ちてすぐに硫化水素が発生するのか?
  • 藤井は、腕時計しか見なかったのか? 車の中の時計、ラジオ、携帯など、気付くチャンスはいくらでもあったのでは?
  • 「命の恩人」の頼みだからって、人殺しをするか?
  • 津田から「いつから僕のことを?」と聞かれて「初めてここを訪ねた時でしょうか」って答えるけど、カイトを連れていったのが初めてだったの? 以前も行ったことあるんじゃないの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
川原和久:伊丹憲一
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
井上純一:藤井守(藤東物産社長)
辰巳蒼生:関一馬(EXITO社長)
西守正樹:葛西周平(時計の修理を依頼)
田﨑正太郎(田崎正太郎):秋田秀紀(藤東物産)
松井佳子:津田香織(陽一の妻)
栃原梨乃:小林正子(藤井家の近所の主婦)
ユキコ:EXITO受付? 秘書?
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
篠田三郎:津田陽一(藤東物産CMW、公認高級時計師)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン12)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン12出演分です。 第1話「ビリーバー」 千葉誠樹・木村(三木を追っていた男)(相棒1 第1話)・刑事総務課(相棒4 第11話)・特殊捜査班(相棒6 第8話)・理事長の秘書(相...

コメント

タイトルとURLをコピーしました