相棒9 第8話 「ボーダーライン」

放送日:2010年12月15日

テレビ朝日|相棒season9
テレビ朝日 相棒season9公式ホームページ
スポンサーリンク

あらすじ

公式

崖下から柴田(山本浩司)という男の転落死体が発見された。刃物による傷があることから、何者かに追い詰められて転落した可能性もある。柴田は金もなく、期限切れ間近の保険証と大中小3つの鍵を持っていただけ。
柴田の奇妙な胃の内容物から事件に興味を抱いた右京(水谷豊)は、尊(及川光博)と捜査を開始。今年1月、寮付きの仕事が決まったからとアパートを出た柴田。死ぬまでの11カ月が空白であることがわかる。
大きめの鍵がレンタルコンテナのものであることが判明。柴田はコンテナを借りていたが、中で寝泊まりしていたため、契約を解除されていた。寮付きの仕事が決まっていたはずなのになぜ?やがて小さい鍵が私書箱のものであることが判明。新たな事実が浮かびあがる。
鍵とともに埋められていく空白の11カ月に隠された衝撃の真相とは…!?

ネタバレあり

  • 柴田貴史転落死。刃物による傷があることから何者かに追い詰められて転落した可能性もあるとみて捜査開始。
  • 調べると、
    1月
    沢エンタープライズの正社員になる
    沢エンタープライズを解雇されゴーダ土建(寮付きの仕事)を紹介される
    寮付きの仕事が決まったからとアパートを出る
    ゴーダ土建は寮付きではないとわかるが仕事をする(日当7700円、寝泊まりはネットカフェ)
    裕史(貴史の兄)に金の無心をするが断られる
    2月
    ゴーダ土建を雇い止めに遭う(ゴーダ土建は派遣先での解雇に抗議した人たちに新たな職を斡旋するふりをしてさらに条件の悪い仕事をさせてそれでも辞めなければ契約を更新しない会社、寮があるというのは宿無し集めの口実、偽装請負をしていた)
    3月
    正社員になれないことで絵利香(結婚も考えていた恋人)とけんかして別れる
    4月
    ゴーダ土建に給与明細を取りに行く(生活保護の申請のため)
    福祉事務所で生活保護を申請しようとするが「65歳以上じゃないと駄目とか親兄弟や頼れる人がいると駄目とか」言われて申請できず求人サイトを紹介されただけで終わる
    5月
    尾崎(古物営業法違反で前科あり)から「免許が取れたら10万、それまでの衣食住も保障」と言われて古物商の許可申請をする
    7月
    古物商の許可申請が下りる
    レンタルコンテナを借りる
    名義貸しを始める(携帯電話の契約、借金の連帯保証人、偽装結婚など)
    11月
    名義貸しをしようとしたが「貸しすぎ」と断られる
    レンタルコンテナに泊まり込んでいるのがバレて解約される
    12月
    生活安全課から古物商の開業実態を調べる連絡が入る
    いろいろな店の試食・無料サービスで糊口をしのいでいたが、マームケーキドーナツで「気に入ったら買ってくださいね」と言われる(店員は柴田が以前も試食したのに買わなかったことを覚えていて意地悪を言った)
    以前住んでいたアパートに新たな入居者が入る
    防御創に見えるように自分でナイフで傷つけた後、飛び降りる
  • 近くの川から柴田の血液指紋のみ付いたナイフが発見されたが犯人の指紋は検出されなかったことから柴田は自殺で、右京の推測では「彼は社会に殺されたと訴えたかったのかもしれない」「正社員になれるはずだった会社を解雇され婚約者にも捨てられ家族にも頼れない中住む家も新たな仕事もなくし頑張って取得した資格も役に立たず福祉にも見捨てられ犯罪に手を染めてしまった、そうまでして続けた就職活動もうまくいかずやっと得た安眠の場も追い出されやがて食べるためだけに歩く毎日になった、それもしにくくなったある日彼は以前住んでいたアパートに新しい人が入ったことを知ったのだろう、これで就職活動に使える住所もなくなった、絶望するなという方が無理かもしれない」「その絶望を誰かにわかってもらいたかったのかもしれない」
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 鑑識のホワイトボードに書いてある内容を見ると、
    遺体発見日時:平成二二年一二月一二日午後八時三十分
    死亡推定時刻:一一日午後六時~
    だけど、現場検証をしているのは夜ではない。現場検証をしているうちに夜が明けた? だとしても、鑑識にいるのは午前11時で、早くても遺体発見翌日の13日。
    右京と神戸は柴田貴史(被害者)が以前住んでいたアパートを訪ね、大家が「昨日入居したばかり」と言ってるけど、後に判明するけど、柴田が死んだ当日にそれを目撃したはずで、ずれてるんだよな……
    右京たちが捜査に首突っ込み始めてから3日目に、柴田の足取りを追って聞き込みをして証言を得られるんだけど、証言やキャプションは3日前、それを受けて神戸は「3日前……、柴田さんが死亡した日ですね」って言うけど、やっぱりずれてる。そもそも鑑識のホワイトボードに書いた内容が間違いだった、ってだけの話だろうけど……。
  • 柴田の携帯の着信履歴を見ていて、「滝沢署からの連絡が死亡前日に」って言って、その画面では滝沢署から連絡があった日時は指で隠されてるけど、別の画面では、その一覧は時系列で並んでいて、滝沢署の2つ上の段階ですでに11日になっており、なんだかなぁ。あと、その一覧の日付、途中までは「2010/12/6」となっているのが、途中から「2010/12/06」と変わってる。
  • 公式サイトのストーリーでは「崖下から柴田という男の転落死体が発見された」ってあるけど、ドラマではビルからの転落死で崖などなく、そんなの間違えるなよって思うんだけど。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
及川光博:神戸尊
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
山本浩司:柴田貴史
中野英樹:柴田裕史(貴史の兄)
長岡尚彦:鈴村淳(墨川区中央福祉事務所職員)
天田暦:郷田正(ゴーダ土建代表取締役)
林田麻里:木下絵利香(柴田貴史の元恋人)
内野智:野田新造(滝沢署生活安全課防犯係)
平尾仁:南栄治(レンタルコンテナみなみ)
佐藤滋:尾崎裕也(リサイクルショップシバタ)
金井良信:沢秀雄(沢エンタープライズ代表取締役社長)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
平間美貴:茂永沙希(ドーナツ屋の店員)
竹岡真悟:柴田に携帯を契約させた男(名義屋)
吉田昌美:柴田がかつて住んでいた部屋の大家
徳秀樹(德秀樹):柴田を連帯保証人にさせた男(名義屋)

スポンサーリンク

主な複数回出演者

相棒 複数の役で出演した人(シーズン9)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン9出演分です。 第1話、第2話「顔のない男」 恩田括・笠松(滝沢署刑事)(相棒1 第4話)・川芝直哉(水元湘子の熱狂的なファン)(相棒9 第1話) 浜幸一郎・医...

コメント

タイトルとURLをコピーしました