相棒21 第6話 「笑う死体」

放送日:2022年11月16日

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0006/
スポンサーリンク

あらすじ

公式

その撲殺遺体は笑っていた…
元芸人の最期の瞬間に何が!?

右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、泥酔して路上で寝込んだ男性から財布を盗んだ中年男(有薗芳記)を逮捕。男は、のらりくらりと素性を隠すが、所持品から思わぬ物が。それは1か月ほど前、河川敷で他殺体となって見つかった、伊藤(阿南健治)という男性の財布だった。捜査を担当していた県警によると、遺体の身元が分からず、捜査が行き詰まっていたという。右京はそこで気になる情報を耳にする。死因は、頭部殴打による脳挫傷だったのだが、伊藤の遺体はニヤッと笑っているように見えたという。好奇心を刺激された右京は、薫と越境捜査を開始。すると、詐欺まがいの寝具会社に勤めていた伊藤が、夫婦漫才でステージに立つ元お笑い芸人だったと判明。しかし、伊藤は、愛想笑いのひとつもできない気難しい男で、17年前まで相方だった紗矢(池谷のぶえ)と決別。ますます興味がわいた右京だったが、“縄張り”を荒らされた県警からストップが掛かる。

笑えない男は、なぜ笑いながら死んだのか?
越境捜査で本庁と県警が対立する中、
関係者たちの意外な過去が明らかになる!

ゲスト:阿南健治 池谷のぶえ 有薗芳記 おぼん・こぼん

ネタバレあり

  • 泥酔した人の財布を盗んだ男を右京と亀山が逮捕。交番で調べると別人(伊藤真琴)の財布も見つかり男は「1カ月ほど前に江戸川の千葉県の河川敷で盗んだ、その人は頭から血を流して死んでいた、あごの下にほくろが二つあった」と供述。
  • 千葉県警の青田と堀川が事情聴取に来て男の事情聴取をする。その後特命係に寄り、「遺体が笑っていた、不審な動きをする金髪の青年が目撃されている」という話をして帰る。
  • 伊藤は「スイートドリーマー」という会社の名刺を持っていたため話を聞きに行くと、伊藤は1カ月ほど前に辞めたという、そこに青田と堀川が来たため退散する。
  • 社長から怒鳴られていた飯村に話を聞くと、「伊藤は元お笑い芸人だが愛想笑い一つできなくて営業成績は悪かった、先月会社の金庫から300万円盗まれたが伊藤はその翌日から連絡取れなくなった、盗まれたのは先月25日(伊藤が殺される前の日)」ということがわかる。
  • 伊藤がマコサヤという漫才コンビだったことがわかり、演芸場で話を聞くと「伊藤真琴と紗矢は結婚していなかったものの一緒には暮らしていたが伊藤が手を上げるようになって別れた、マコサヤを解散した後に伊藤は別の相方と組んでスピリッツというコンビを作ったけどさっぱりでいつの間にか消えた、伊藤のあだ名はネクラ(四六時中仏頂面でネタを考えては何かギャグを思い付いたのかノートにメモしながらニヤニヤ笑っていたため)、トシ坊(スピリッツでの伊藤の相方)が借金を踏み倒された」という。
  • 千葉県警からの抗議を受けて中園から呼び出されて説教されるが右京が「われわれが現行犯逮捕した被疑者に関連した捜査だからとやかく言われる筋合いもない」と言うと内村は納得して千葉県警より先に事件を解決するよう指示。
  • 江戸川の現場を見に行くと伊丹らも来て「伊丹と芹沢は昔青田と因縁がある、敵の敵は味方、今回は特命係に塩を送る」ということで千葉県警の捜査資料を渡される。その資料で笑う遺体やあごの下のほくろを確認、右京は伊藤が死んでいた場所に横たわってみる。また、事件当日の夕方に被害者がこの辺りで中年女性と言い争う姿が目撃されており女のことを「サヤ」と呼んでいたということも教えてもらう。
  • 右京と亀山が紗矢に話を聞くと「(伊藤と会っていたのは)自分ではない」と答える。また、金髪の青年の写真があったので聞くと息子だという。また、現場で金髪の青年が目撃されていることを話すと紗矢は顔色を変えるが、そこに青田らが来て「伊藤は殺される前の日に紗矢の携帯に電話してる」と言って任意で連行する(伊藤は紗矢と会った際に金を渡そうとしてきたが紗矢は断ったものの、息子の颯太の机の引き出しにその金があるのを見つけたことを思い出す)。
  • 車が出るところに颯太が来たので右京と亀山が話を聞くと「伊藤真琴は父親らしい、夜中に母親が電話しているのを聞いていつもと声の感じが違ったからもしかしたらと思って後をつけた、自分が息子だと告げると『困った時に使え』と金を渡された」などと答える。右京は「一番の謎は金の行方だったがそれも解けた、犯人の目星なら最初からついている、お笑い用語で言うところの出オチ」と言う。
  • 伊藤の財布を持っていた男を取調室に呼び、「あごの下のほくろに気付くなら顔をみていないはずがないが遺体が笑っていたとは言わなかったことがずっと気になっていた、つまりあなたが見たのは死んだ後ではない、そしてあなたのキャリーバッグにはスピリッツの千社札が貼ってあった、あなたの名前は(スピリッツで伊藤の相方だった)大谷敏夫、演芸場の支配人にも確認した」と指摘すると「街をうろうろしていたらばったり伊藤と出くわして貸した金を返すよう言ったら『金をつくってやる』と言うので事件当夜会いに行ったら『おまえにやるつもりだったが考えが変わった、俺たちはとっくに終わったんだ』などと言われてもみ合ううちに伊藤は後頭部を打ちつけ動かなくなったので財布を奪おうとしたら腕をつかまれたので振り払って逃げた」と認める。
  • 紗矢を現場に呼び出し、右京は「真相は誰にもわからないが芸人仲間から「ネクラ」というあだ名で呼ばれていた伊藤は最期に『ネクラシス』(ヨネクラシステムのネオンサインの一部のみ見えた)というのを見て笑ったのではないか」と考えを伝える。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 次回予告を見た時から「キャップ!」と思っていましたが、下着泥棒まで。はい、裏付け捜査は大事ですよね。
  • 「特命係に捜査権はない」というのは、内村は気にしなくなったんですかね? 特命係が逮捕したからってその後の捜査まで特命係にさせる必要もないと思いますが。
    ※追記

  • 紗矢が見ていた新聞では伊藤が発見されたのは26日早朝だけど捜査資料では発見は9月27日午前7時。そこらへんはもうちょっと……
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
森口瑤子:小出茉梨
鈴木砂羽:亀山美和子
川原和久:伊丹憲一
山中崇史:芹沢慶二
山西惇:角田六郎
篠原ゆき子:出雲麗音
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
阿南健治:伊藤真琴(スイートドリーマー営業、元お笑い芸人「マコサヤ」)
池谷のぶえ:和田紗矢(スナック紗矢 ママ、元お笑い芸人「マコサヤ」)
有薗芳記:大谷敏夫(伊藤真琴の元相方)
萩原護:和田颯太(紗矢の息子)
鼓太郎:青田(千葉県警捜査一課)
菅沼岳:大谷敏夫を連行した交番の警察官
吉成浩一:堀川(千葉県警捜査一課)
古川がん:飲み屋で伊藤真琴に「浅草によく見に行った」と話し掛けた男
おぼん・こぼん:水沢(おぼん)、今野(こぼん)
岡田正:増本(浅草東洋亭支配人)
白石直也:岡山(スイートドリーマー社長)
木津誠之:飯村(スイートドリーマー営業)
瀬戸ルイス:河川敷で漫才の練習をしていた人
大田路:河川敷で漫才の練習をしていた人
ストレッチーズ:舞台袖で水沢(おぼん)と今野(こぼん)に話を聞いている時に出番を終えた芸人

主な複数回出演者

ロケ地

浅草東洋館[HP]:浅草東洋亭
川崎マリエン[HP][当ブログの記事]:警視庁(刑事部長室)
株式会社内藤ビル[HP]:スイートドリーマーの入っているビル
船橋港親水公園[HP]:江戸川の河川敷(伊藤真琴が殺された場所)
奥山おまいりまち商店街:右京と亀山が浅草東洋亭に行く時に通った道
赤羽中央街:スナック紗矢の前の道
スナック亜紀:スナック紗矢
千葉県道179号船橋行徳線(妙典橋):右京と亀山が千葉県に行く時に渡った道

コメント

タイトルとURLをコピーしました