相棒21 第7話 「砂の記憶」

放送日:2022年11月30日

第7話|ストーリー|相棒 season21|テレビ朝日
テレビ朝日『相棒 season21』番組サイト「ストーリー」ページ。2022年11月30日(水)よる9:00~放送【第7話】あらすじ。
スポンサーリンク

あらすじ

公式

20年前の通り魔が再び動き出す!!
特命係をあおる告発者の正体は?

ある日、特命係に警視庁職員の健康を管理している保健師・吉崎弘美(桜木梨奈)が乗り込んでくる。面談を先延ばしにしている右京(水谷豊)と、そもそも診断を受けていない薫(寺脇康文)に釘を刺しに来たのだ。そんな折、特命係に、『20年前の連続通り魔事件の犯人が動き出す』と書かれた告発文が届く。20年前といえば、若い女性を狙った強盗事件が7件連続で発生した時期。7人目の被害者である15歳の少女が亡くなり、メディアでも大きく取り上げられた事件だった。当時、伊丹(川原和久)も捜査本部にいたが、犯人を特定できず、迷宮入りしてしまったという。それから20年たった今、傷害致死の時効が迫っていた。右京と薫は、手掛かりを求めて、亡くなった少女の母を訪れるが、「そっとしておいて」と追い返されてしまう。そんな中、夜道で女性が襲われる通り魔事件が発生。伊丹たちも捜査に乗り出すが…!?

迷宮入り寸前の事件に新たな動き!?
現在と過去、絡み合う事件の記憶
特命係が卑劣な通り魔を追い詰める!

ゲスト:桜木梨奈

ネタバレあり

  • 保健師の吉崎弘美から亀山は健康診断を受けるよう、右京は面談を受けるよう言われてそれぞれ予約する。
  • 特命係に「鈴木礼」という人物から「20年前の連続通り魔事件の犯人はすぐそこにいる 近いうちにまた動き出す」と書かれた手紙が届く。20年前の連続通り魔事件発生のことを調べると「若い女性が夜道で背後から殴られ所持品を奪われる事件が都内各地で発生(7件発生し最後の1件のみ死亡)、被害者は10代から20代で髪の長いすらりとした女性ばかり、身に着けていたアクセサリーや買い物をした紙袋など(死亡した富永沙織は友人からもらった砂時計)を持ち去られているが高価な物ではない」ということがわかり、当時捜査本部にいた伊丹にも話を聞くと「面白半分のハンティング、奪った物は戦利品のつもりだろう」という。
  • 富永瑞恵(沙織の母親)に手紙を見せるが心当たりなく、そっとしておいてほしいと言われる。
  • 20年前と同様の手口の通り魔事件が起きる(手口は同じだが被害者は30代後半のショートカットであり傾向は違う)。
  • 右京が吉崎との面談に行くと小沼(1カ月前に杉並北署から広報課広聴係に異動)と時間がかぶっていたが小沼はすぐに部屋を出る。広聴係では都民からの苦情を受け付けるが、吉崎はそういう場合には「時間を区切って対応するようアドバイスしている、おすすめしているのが砂時計」などと雑談をした後、面談をする。
  • 伊丹らが通り魔の容疑者を逮捕。20代半ばであり20年前の犯人とは別とわかる。
  • 広聴課に行くが小沼はおらず「小沼は体調不良で早退、小沼は今朝は手紙を読んで珍しく動揺していた」とのこと。また、小沼の机の上に砂時計を見つける。
  • 特命係に戻るとまた手紙が届いており、「20年前の通り魔犯が12日の夜 再び罪を犯す」と書かれていた。「犯人と名指しされた人物もこの手紙の主に動かされている、犯人が再び事件を起こすよう何か仕掛けている」と考え、右京は20年前の現場、亀山は富永瑞恵の家に行く。
  • 富永瑞恵の家に行くも留守(近頃夜になるとよく出掛けている)と聞いて亀山は現場に向かう。
  • 女が現場に行くと男が飛び出してきてそれを見た富永瑞恵が止めに入るが振りほどかれる。そこに右京と亀山が現れて男(小沼)を確保。女は吉崎弘美(20年前に現場にいた一ノ瀬弘美)で「私を待ち伏せてた」と主張。
  • 吉崎弘美に話を聞くと、特命係に手紙を出したこと、20年前ははっきりとは思い出せなかったが1カ月前に異動してきた小沼を見た時はっきりとあの時の男だとわかったこと、右京が小沼に興味を持つように面談の時間をわざとバッティングさせたこと、小沼を揺さぶるために新たな通り魔事件を利用して「今夜 あの場所で待つ」と呼び出したことなどを認め、「挑発して手を出させるつもりだった、あいつを捕まえられるならどうなったってよかったのに」と泣き崩れる(富永瑞恵は手紙の話を聞いて吉崎弘美が出したんじゃないか、何か無茶をするんじゃないかと心配になってここ数日様子を見守っていた)。
  • 伊丹らが小沼に話を聞くが「不審な手紙が届いたから真相を確かめるためにあの場所へ行った、吉崎には手紙のことを聞くために近づいただけ、20年前の連続通り魔事件も全く関係ない」と否認。そこに右京と亀山が砂時計を持って現れ「小沼の持っていた砂時計は富永沙織の通り魔に奪われたもの(一ノ瀬弘美がおそろいで買ったもの)と同じで砂時計のフレームに挟まっていた砂(通り魔は一度砂時計を取り落としてその時に付着したもの)がフットサルコートの砂と一致(人工芝に入れる砂は千差万別で施工会社に聞いたら20年前のごく短期間しか使われていなかったもの)」と指摘。小沼の自宅から20年前の強奪品も見つかり、小沼は逮捕される。
  • 吉崎弘美は訓告処分を受けるが今まで通り働けることになる。また、富永沙織に「20年かかったけど犯人が捕まった」と報告した際に富永瑞恵から「ずっと時間が止まったまま立ち往生していたけどもう前に進もう」と言われて「私は私として生きていてもいいんだ」と少しだけ肩の力が抜けた気がすると語る。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 中園が出した羊羹は蜜島庵の黒羊羹。蜜島庵はシーズン18 第18話 「薔薇と髭との間に」で登場(光太郎が襲われた場所)。
  • 「若い女性が夜道で背後から殴られ所持品を奪われる事件が都内各地で発生」と説明しているけど、富永沙織は背後からではなかったのでは?
  • 「20年前ならもう特命係はあっただろ、首を突っ込まなかったの?」と思いましたが、ちょうど特命係廃止になった頃の事件だったので右京も亀山も詳しいことは知らなかった、ということですかね。
  • 美和子は「私駆け出しの記者だったけどこんなの報道じゃないってむちゃくちゃ腹立ちましたよ」と言ってたけど、20年前ってことはシーズン1の頃。それより前の浅倉の事件の時でも大学卒業から10年は過ぎていたのに、記者は10年働いてても「駆け出し」なのでしょうか。それに対して亀山は「そんなにひどかったのか」って、亀山は当時ずっと日本にいたはずでは? 新聞は読まないって設定でしたっけ?
  • 特命係には「12日の夜」、小沼には「今夜」って、普通郵便ってそれほど時間読めますかね?
  • 人工芝って20年間ずっと使えるものなのでしょうか? 検索すると7~10年と出てくるのですが。仮に芝を張り替えなかったとしても、利用者の靴や服、体にくっついて減ってしまうので適宜補充していると思いますが、20年前の砂がどれだけ残ってますかね?
  • 「窓のすぐ外に屋根が見える部屋」、すごく久しぶりな気が。

コメント

タイトルとURLをコピーしました