「医療クラスタ」の発言の疑問点 その14(知念実希人氏の発言について その3)

ちょっと前のものもありますが、いくつか知念実希人氏の発言で気になるものが。

スポンサーリンク

東京の陽性率

東京の検査陽性率、とうとう1.0%まで低下しました!
コロナ禍が始まって以来、ここまで低い数値は東京では見たことありません。

コロナ禍が始まって以来、検査陽性率1.0%という低い数値は東京では見たことがない、と言っています。
ですが。

上の画像を見ればわかる通り、2020年5月に0.8%という値を記録しています。
「コロナ禍が始まって以来、ここまで低い数値は東京では見たことありません」という言葉が確かだとすると、

  • 2020年5月はまだ「コロナ禍」が始まっていなかったと認識している
  • 1.0は0.8より低いと思っている
  • ものすごく下がったからここまで低かったことはないだろうという思い込みで「見たことありません」と言っている

のいずれかでしょうか。
知念氏が添付している画像、そのサイトで左の方にスクロールしていけば過去のデータを確認できるのですがね。
なぜ簡単に確認できるのに確認しようとせずに間違ったことを言い切ってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

無症状の人への検査

無症状の人にやっても1万人に1人も見つからないでしょう。

どれぐらいの人を対象に検査すべきかというのはひとまず置いといて。
「発熱者で0.4%だから無症状だったら1万人に1人も見つからないだろう」と言っています。
ですが。

検査件数 東京都福祉保健局

上記サイトに東京都が行っている「戦略的検査強化事業」の結果について載っており、対象は

〇感染者がいた場合にクラスターとなりやすい集団等に、定期的に検査を実施し、感染者を早期に探知
〇比較的感染リスクの高い人流のある場所・交通結節点などで検査を実施し、感染の予兆を探知

となっていて、基本的に対象は無症状の人です。
で、その結果(最近の分のみ掲載)は

期間 検査実施件数 陽性件数
10月第1週(10/4~10/10) 22,502件 8件
10月第2週(10/11~10/17) 18,655件 6件
10月第3週(10/18~10/24) 17,046件 4件
10月第4週(10/25~10/31) 15,371件 3件
11月第1週(11/1~11/7) 5,839件 0件
11月第2週(11/8~11/14) 5,686件 3件
11月第3週(11/15~11/21) 6,053件 1件

このように、「1万人に1人も見つからない」という結果にはなっていないんですよね。
まあ、これは無作為抽出ではないということを割り引いても、「1万人に1人は見つかる」という状況と思われます。
知念氏はこの結果は知らないんでしょうし、もしかしたらこの事業自体も知らないかもしれませんが、知らなかったとして、見通しが甘いというか、いろいろ予想外しますよね、という感じです。

スポンサーリンク

日本はmRNAワクチンで感染収束した

すでに日本はmRNAワクチンで感染収束しています

うーん、そうなんですかね?
ワクチンの効果はあってもそれだけではないと思うのですが、「mRNAワクチンで感染収束」と断言してしまう知念氏。
過去の言葉を振り返ると。

もはやイスラエルはほぼ集団免疫に達したと考えられ、近いうちに国内から新型コロナを駆逐できるでしょう。

イスラエルの状況:いかにワクチンがCOVID-19に打ち勝ったのか

その後、イスラエルはどうなりましたかね? 駆逐できましたか? 打ち勝ったと言えますか?
こういう見通しを外しまくっているイメージがあるのですが、そういう人に「日本は感染収束した」と言われると「また再燃するのか……」という気持ちになります。

まとめ

知念氏は勘違い、記憶違い、思い込み、浅い理解などでいろいろ発言している印象ですが、そういうのはやめた方がいいんじゃないかな、と思います。
最後に、別件ですが知念氏の「反省の弁」を添えて。
この気持ちをずっと持っていてほしいものですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました