2020 セ・リーグ レギュラーシーズン終了

スポンサーリンク

カープは少し前に120試合終わっていましたが、昨日でセ・リーグの公式戦が終了。
カープは52勝56敗12分けで5位に沈みました。
シーズン当初から勝ちパターンの投手が抑えられず逆転負けを喫し、大瀬良や野村の離脱、ジョンソンの不調と先発陣も奮わず。
その中でルーキー森下は粘り強く投げ、規定投球回にも達し、防御率1.91でリーグ2位と素晴らしい成績を残しました。
野手では菊池が二塁手のシーズン連続無失策のリーグ記録を更新し、最終的に失策0で守備率10割で一塁手以外の内野手ではNPB初となる記録を残し。
鈴木誠也は5年連続の3割、25本塁打というカープ史上初の結果。
とにかく疲れを取って、来季へ向けて英気を養ってほしいです。
今シーズンもお疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました