守備妨害

今日のジャイアンツとタイガースの試合で守備妨害があって話題になっているようですが。
場面は2死満塁、ボテボテのゴロで捕球しに行ったセカンド若林と1塁ランナー陽川が接触。
すれ違う瞬間に若林が不自然に左腕を伸ばしたようにも見え「逆に走塁妨害ではないか」と言う人もいますが、打球を処理する守備の方が優先なので、その状況で接触してしまったらアウトとなるのは仕方ないと思います。

kidtom.com is for sale | HugeDomains
Choosing the right domain name can be overwhelming. Our personalized customer service helps you get a great domain.

【野手の守備機会を妨げるとランナーはインターフェアでアウト】
▼野手優先が原則
競技場内では、打球に対する野手の最初の守備が優先されるのが原則です。したがって、ランナーが野手の打球処理やその送球を妨げた場合は、原則的にインターフェアでアウトとなります。

陽川は守備妨害とならないためには、止まるか大きく膨らんで避けるしかなかったですね。
タッチを避けるわけじゃないので3フィート以上離れても問題ないわけですし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました