1人当たり10万円給付へ

スポンサーリンク

国民1人当たり10万円の現金を一律給付に方針転換とのこと。

エラー

 安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、2020年度補正予算案を組み替える方向で検討するよう自民党の岸田文雄政調会長に指示した。政府関係者が明らかにした。これに先立ち、公明党の山口那津男代表が補正予算案組み替えを求めたのに対し、首相は「引き取って検討する」と応じた。公明の強硬姿勢を踏まえ、減収世帯に限った30万円支給を先行させる案の方針転換を余儀なくされた。

「減収世帯に限った30万円支給」というのは世帯単位というのと世帯主の収入のみで判定するのが問題だと思っていたので「1人当たり」になるのは改善だと思うのですが、無職の人にとってはただのボーナスじゃない?という疑問も。
「貸付という形にして、前年より所得が減った人は返済不要にすれば」と提案する人もいますが、どうするのが一番いいのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました