相棒1 第6話 「死んだ詐欺師と女美術館長の指紋」

放送日:2002年11月13日

スポンサーリンク

あらすじ(ネタバレあり)

  • 亀山の情報屋の土田が殺される。土田は詐欺事件に関わっているとみられる(何者かが得意先をかたってMMフィナンシャルから架空口座へ1億5000万円を振り込みをさせ、土田が架空口座から現金を引き出した容疑)が、亀山は「俺がやつの汚名を晴らす」と意気込むが、防犯カメラの映像で間違いなく土田が引き出したことを確認。右京は「土田は初犯なのに手口が鮮やかすぎる」と疑問に思う。
  • 土田の遺留品として秋山緑風記念美術館の入場券の半券が出てきたため美術館で話を聞くと、館長(菊本アヤ)は見覚えがないというが学芸員は土田がよく来ていたという。
  • 右京はMMフィナンシャルの柿崎に話を聞いた際、携帯電話の待ち受け画面が緑風の絵になっていることに気付く。
  • 美術館で話を聞くと、柿崎は融資の担当者だったが断ったという。
  • 亀山は土田が死ぬ数日前に貸してた金を返してもらっていたが、その指紋と菊本の指紋を照合すると一致。
  • 亀山が土田の元妻に話を聞くと、(土田は「息子と暮らした」と言っていたがそれは妄想で)息子を亡くして土田は気力をなくしてしまい別れたという。また、秋山緑風記念美術館は思い出の場所でよく行っていたという。
  • その話を聞いて右京は「なぜ事件に加担したか分かった」と言う。また、右京は南急百貨店(土田が持ってきたもの)に目を付ける。
  • 土田が亀山に渡した紙幣や南急百貨店の紙袋(土田が現金を運ぶのに使った後に土産を入れて亀山に渡したものだがその当日に発売されたもの)に菊本の指紋が付いていたことを指摘すると詐欺は認める(絵を売っても維持が難しくなっていた時に柿崎から持ち掛けられた、「ここがつぶれるかもしれない」と話すと土田も協力してくれた)。土田を殺したことは否定するが、土田は以前よく家族でここに来ていたこと、土田は「光る風の少年」の絵をよく見ていたがその絵に息子を重ねていたこと、美術館のパンフレット(5年前に撮影)にも土田が写っていることなどを指摘すると菊本は「元々は殺すつもりでナイフも用意していたが躊躇していたところで土田が『やってくれ、これで健太(息子)のところへ行ける』と自分で刺した」と話す。右京は「あなたのお父さんの絵を一番愛する人を殺してしまった」と責める。
  • 柿崎も逮捕される。
スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 11日の夕刊で、「11日、土田の死体が見つかる」の記事の下に「初公判が2日、あった」って、どうしてそんなに前の初公判の記事があるわけ?
  • 米沢が土田の遺留品が入った段ボール箱を持った時は側面に貼った紙が正面に見えたけど、米沢が振り返ってカメラが切り替わると紙がなくなっている。
    ※追記

  • 右京「詐欺を装い金を架空口座に移す」って、「詐欺を装う」ってどういうこと? 「(金融機関の)得意先を装い」じゃないの?
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
寺脇康文:亀山薫
鈴木砂羽:奥寺美和子
高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
根岸季衣:菊本アヤ(秋山緑風記念美術館館長)
モロ師岡:土田雅夫
田邉年秋:柿崎(MMフィナンシャル融資課長)
深沢敦:ヒロコ(ゲイバーのママ)
下塚誠:明和銀行中乃上支店支店長
吉宮君子:土田の元妻?
中根徹:太田(捜査二課刑事)
志水正義:大木長十郎
野村貴志:受験に失敗した浪人生
久保田龍吉:小松真琴
尾道凛:国松(秋山緑風記念美術館学芸員?)
八百原寿子:土田の元妻の母?
伊藤拓也:人質になった子ども?
金山侑生:ゲイバーのホステス?
齋藤裕磨:土田健太(土田の息子)?

相棒 複数の役で出演した人(プレシーズン/シーズン1)
「相棒に複数の役で出たことのある人」、プレシーズンとシーズン1出演分です。 相棒〜警視庁ふたりだけの特命係 水谷豊・杉下右京・国枝史貴(相棒11 第11話) 大谷亮介・室谷警部補(相棒〜警視庁ふたりだけの特命係)・...

ロケ地

東京東信用金庫(四谷支店):明和銀行 中乃上支店
壽ビル(新宿3丁目):「髭と薔薇と。」が入っている建物
池袋跨線人道橋:亀山が土田雅夫と出会った場所
四ツ谷駅前の道:銀行を出た後に右京と亀山が歩いた場所
STUDIOピア Pia15 B福町[HP]:土田雅夫の元妻の住んでいる家
リヴィンオズ大泉店:南急百貨店

コメント

タイトルとURLをコピーしました