ラグビーワールドカップ2019 日本大会 台風接近に伴い予選プール2試合の中止を決定

Typhoon Hagibis impact on Rugby World Cup 2019 matches | Rugby World Cup
World Rugby and the Japan Rugby 2019 Organising Committee have announced an update regarding the predicted impact of Typhoon Hagibis on this weekend’s pool matc...

■開催中止試合
・10月12日(土)「ニュージーランド v イタリア」 (キックオフ13:45/豊田スタジアム)
・10月12日(土)「イングランド v フランス」 (キックオフ17:15/横浜国際総合競技場)
 これは、「プール戦に予定していた試合日に開催できない場合、翌日に延期することはせず、試合中止とみなす。試合結果は引き分けと宣言され、各チームに勝ち点2ずつ付与されるが、得点記録はなしとする」という大会規則に則り決定され、振替試合は行われません。
 12日に福岡で予定している「アイルランド v サモア」の試合については、現時点で予定通り開催いたします。
 尚、中止された試合のチケットは全額払い戻しとなり、払い戻し方法については、チケットご購入者の皆様に改めてメールにてご案内させていただきます。

■10月13日(日)の試合実施可否について
 台風の進路予測では、13日未明には関東を通過することが示されていますが、13日に開催を予定している4試合全ての会場において、台風通過後の安全性を調査の上、試合開催可否判断を行います。試合の中止判断がなされる場合は、原則キックオフ6時間前までに観客の皆様にご案内させていただく予定です。

残念ですが仕方ないですね。
台風の予想進路を見ると、時間か場所を変えるしかできないでしょう。電車も止まりそうですし。

SANSPO - サンスポ
野球、サッカー、ラグビー、ゴルフなどスポーツ全般、芸能の最新ニュースを掲載。サンケイスポーツ新聞(サンスポ)の公式サイトです。

勝てば8強進出の可能性があったイタリアは中止の判断に納得がいかない様子。愛知県豊田市内で会見したコナー・オシェイ監督は「世界王者との試合は数少ない機会で、次のステップに進むための試合でもあった」と無念さをにじませた。今大会で代表からの引退を決めていたセルジオ・パリセ主将は「台風の季節にやるのは分かっていたこと。プランB(代替策)をつくるべきだった」と憤った。

まあ、イタリアとしては納得できないでしょうね。
可能性が低いとはいえ決勝トーナメント進出の可能性もありましたし、負けたとしてもニュージーランドとの対戦はいい経験になるのにそれを奪われてしまった。
それを考えると、とは思いますが。

ちなみに、これによってプールBは1位ニュージーランド、2位南アフリカ、プールCは1位イングランド、2位フランスと決まりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました