川淵さんのツイートを見て

スポンサーリンク

「今朝の日経新聞カズのコラム」というのは下記のことだと思います。

ラグビーに衝撃、発奮
ファイト! イッパーツ! ラグビー日本代表応援団のカズです。月並みではありますがラグビーワールドカップ(W杯)は見ていて本当に面白い。サッカーだったら全部ファウルじゃないかというくらい、ハードなコンタクトがすごい。素人の僕はルールを詳しくは知らない。でも、そこが分からなくてもW杯レベルとなると直接的に訴えてくる面白さ、...

が、日経は登録してないので川淵さんのツイートだけを見て話をすると、

あれだけ激しくぶつかり合っても判定に文句を言わない。

まず、「激しくぶつかり合うこと」と「判定に文句を言うこと」って関係あるんですかね? 「あれだけ激しくぶつかり合ってもすぐ起き上がってプレーに戻る」というのであれば理解できますが。
ラグビーは「激しくぶつかり合うこと」が当たり前で、それと判定に文句を言うのと何が関係あるのかわかりませんし、ラグビーでは実際に判定に文句を言う選手はいますが、そしたらすぐ10メートル下げられます。だからあまり言わない、ということもあるんじゃないかと思います。

少々のタックルでも痛がらない。

これは、サッカーでは「相手が痛がるようなプレーは反則の可能性が高い」から大げさに痛がる選手がいるというだけで、ラグビーと比べても仕方ないと思うのですが。

でも何が一番残念って、このツイートを五郎丸がリツイートしてることですがね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました