相棒 -劇場版Ⅲ- 序章

スポンサーリンク

配信開始日:2014年3月29日

相棒-劇場版III-序章|テレビ朝日
2014年3月29日(土)よりdビデオにて配信決定!
スポンサーリンク

あらすじ

公式

特命係・杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)は、
警視庁特命係の狭い部屋で、ある重要な殺人事件の調書を読んでいた。

2012年6月 湾岸地区の廃船寸前の貨物船から2つの死体が見つかる。
それは、脱出不可能な密室で起こった殺人事件であった。

2つの死体は、他殺体と自殺体。
場所は密室。
どちらかが犯人でどちらかが被害者なのか?

捜査一課の伊丹憲一(川原和久)らは、この事件の真相を探っていく。

彼らが辿り着く真実は、あまりにも切なく哀しいものだった。

これを「劇場版Ⅲ」のカテゴリーに入れてしまっていいものか迷ったけど、入れてしまいます。

スポンサーリンク

感想/気になる点など

  • 梶山の記事が載っていた自衛隊の広報誌「PEACE」、裏表紙に「防衛省・自衛隊」とあるが、表紙には「2004 Winter」と書いてあり、2007年に省になった現実世界とは違う、ということ?
  • 特命の部屋を覗くのが大木小松ではない。
  • 徹子の部屋では「カイトは右京の淹れた紅茶を飲んだことがない」と言ってたけど、「2013年初夏」の時点で飲んでいる。
  • 梶山夏実が「横領」について知ったのは結局いつなの? 綿貫(風間トオル)から聞いたのなら事件後ってことになるけど、だったら梶山祥夫からは何も聞いてなかったわけ? 何も聞いてなかったのなら、わざわざ金を払って記事にするのをやめさせようとするか? 逆に、梶山祥夫が真実を話してたとしたら、綿貫が横領だなんだ言っても信じなかったんじゃない? それとも、梶山祥夫は「実は、横領した」と妻にうそをついたの? そして、綿貫が用意した「罪」もたまたま同じ「横領」だった、ってこと? うーん……
  • 2012年6月28日は相棒シリーズ X DAYでも出てきた日で、伊丹のネクタイが違う。
スポンサーリンク

キャスト

水谷豊:杉下右京
成宮寛貴:甲斐享
川原和久:伊丹憲一
大谷亮介:三浦信輔
山中崇史(山中たかシ):芹沢慶二
山西惇:角田六郎
六角精児:米沢守
片桐竜次:内村完爾
小野了:中園照生
森脇英理子:梶山夏実(梶山祥夫の妻)
東根作寿英:梶山祥夫(陸上自衛隊技術開発センター会計課一等陸曹)
寺十吾:井上浩和(フリーライター)
康喜弼(康ヨシノリ):斎藤(井上の記事を載せていた?)
小山弘訓:陸上自衛隊技術開発センター自衛隊員、入口で伊丹たちを止めた人(真ん中)
志水正義:大木長十郎
久保田龍吉:小松真琴
浅野康之:遺体の第一発見者?
清水大将:遺体の第一発見者?
松川貴則:陸上自衛隊技術開発センター自衛隊員、入口で伊丹たちを止めた人(向かって右)
大賀太郎:陸上自衛隊技術開発センター自衛隊員、入口で伊丹たちを止めた人(向かって左、メガネ)
西澤愛菜:梶山彩香(梶山の娘)
嶋田久作:松坂忠義(防衛省陸上幕僚監部監理部長)
釈由美子:高野志摩子(元三等陸曹)
風間トオル:綿貫孝雄(防衛省防衛政策局次長補)

コメント

タイトルとURLをコピーしました