ジャパンラグビートップリーグ、2020シーズンは中止と決定

スポンサーリンク

トップリーグ2020大会は中止となりました。

ジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ
ジャパンラグビー トップリーグは、新型コロナウイルス感染拡大防止に鑑み、ジャパンラグビー トップリーグ2020 第11節以降の全ての試合を中止とし、2020大会の中止を決定いたしました。 ジャパンラグビー トップリーグで…

ジャパンラグビー トップリーグは、新型コロナウイルス感染拡大防止に鑑み、ジャパンラグビー トップリーグ2020 第11節以降の全ての試合を中止とし、2020大会の中止を決定いたしました。
ジャパンラグビー トップリーグでは、以下の3つの観点より、中止の判断としました。

  1. ご来場のお客様、選手、関係者の健康と安全の確保
  2. 新型コロナウイルスの世界的な拡大により、ニュージーランド、オーストラリア等、各国の政府による海外に滞在する自国民への即時帰国が呼びかけられたことで、所属選手が多数帰国すること
  3. トップリーグの全てのチームは企業スポーツとして加盟・活動しており、選手・スタッフが感染した際に企業に与える影響が非常に大きいこと

現在の状況もありますし、ラグビーの場合、延期してその分消化しようとしたら次のシーズンに入ってしまいますしね。
特に今年はワールドカップの影響でシーズンが始まるのが遅かったわけで。
でも、仕方ないですが、残念ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました